色素沈着ニキビ跡は本当に消えるのか?

一生残るニキビ跡

色素沈着ニキビ跡をご存知でしょうか?

最悪のケースでは一生シミとして残ってしまうニキビ跡です。

もう少し説明すると、炎症を起こしてしまったニキビが出来ていた場所に、紫色や茶色、赤黒いシミのような跡が残ってしまった状態が色素沈着してしまったニキビ跡のことです。

 

色素沈着ニキビ跡になる原因

ニキビが皮膚に与えたダメージの大きさの違いで色素沈着の状態や色味も変わっていきます。

この色素沈着を残す原因として「ヘモグロビン」と「メラニン」という二つの色素が大きく関係してきます。

紫がかったくすみや赤黒いシミのようなものが残るタイプの色素沈着には、ヘモグロビンが関係しています。

これは、ニキビの炎症や化膿が原因で肌の真皮を傷つけ、その中にある毛細血管が破壊され出血が起こります。

その血液中のヘモグロビンが酸素を失い、酸素を失ったヘモグロビンは赤黒い色味(紫がかった色)になり、それが周囲の肌組織に染み込み、その結果、紫色や赤黒い色素沈着として残ります。

そして、茶色のシミのように見えるニキビ跡の原因となるのがメラニン色素です。

 

色素沈着の犯人は活性酸素

ニキビが炎症を起こした際、発生する活性酸素がメラニン色素を過剰に作る性質を持っているため、茶色の色素沈着となって残るのです。

初期のメラニン色素の沈着は表皮の奥で起こるため、肌のターンオーバーが正常に戻ると皮膚に残っていたメラニン色素は、徐々に薄くなっていきます。

ですが、重度のニキビにより皮膚細胞の奥までダメージを受けていると、新陳代謝が最も遅い真皮部分にメラニンが沈着してしまうために、長期間残ってしまったり、一生シミとして残る恐れもあります。